これから家庭教師の仕事を始めようと考えていますが仕事にも向き不向きと言うのはあります。実際に家庭教師を始める上で向いている人は一体どんな人なのでしょうか?少なくともこの3つだけは出来ておいて欲しいです。

1「学力」
家庭と言っても教師なのですから少なくとも人に教えられるだけの学力は持っておく必要はあります。特に国語や数学、英語は家庭教師の仕事の中では教える事が多い科目です、尚更重視しておいた方がいいです。

家庭教師の登録派遣会社の面接でも登録する前に相手に教えれるだけの学力は持っているかを事前に筆記テスト形式で確認する会社もあります。

始めたいと少しでも思っているのであればまずは相手に教えれるだけの学力は身に付けましょう。

2「指導力」
学力は高いと自信を持って言えたとしても相手に教える指導力が無いのではそれは宝の持ち腐れと言ってもいいです、少なくとも家庭教師の仕事をする上では。

生徒さんに担当科目を教えつつ苦手な部分があればそれを正確に伝えれなければ生徒さんは良くても親御さんからは指導力が低い、酷い言い方をすれば「金食い虫の無能」扱いされても文句は言えません。

何かを閃いた家庭教師

最低でも相手に伝えたい事は伝えれる様にはしましょう。

3「人とコミュニケーションを取れる人」
最後に教え方や学力云々の前にまずは持っておきたいのがこの能力、人と接するコミュニケーション能力。勉強もですがそれ以外の会話に花を咲かす事も珍しくありません。

趣味に恋愛に将来の夢等いろいろあります。人と接する仕事言っても過言ではない家庭教師の仕事、最低でもこれだけは先に付けておく様にしましょう。

実際家庭教師の登録派遣会社も面接の際には学力を見極める筆記試験はしていなくてもコミュニケーション能力を見極める実技テストは実施している会社が殆どです。

勉強や指導出来るからと言って疎かにしてはいけない部分なので要注意です。この3つは最低でも出来ていれば家庭教師の仕事は向いていそうです。

しかし続けられるか否かは相手の生徒さん先や登録派遣されている会社等にも左右されるのでこちらも応募する際はよくチェックしておくと良いでしょう。