家庭教師をする前に疑問に思うのが、移動時間に給料が発生するのかということと、交通費が発生するのかということですね。移動時間に関してですが、ほとんどの会社では出ないと考えておくのが無難です。たとえば、自宅から5分で行ける生徒の家でも、自宅から40分で行く生徒の家でも移動時間に給料が発生しないため変わらないことです。

ですので、自宅から近い生徒を受け持つ方が時間を有効に使えて、時間当たりの単価は高くなると考えるのがいいですね。家庭教師するために会社に登録すると、自宅からどの程度の距離まで行くことができるのかを事前に相談できます。あまりにも自宅から離れた遠い場所の生徒を紹介されても割りに合いませんので、事前に断るようにするのが賢明です。

自宅から離れているからという理由で断っても、当たり前のことですし会社側もあなたに悪い印象は持ちません。ただし、移動範囲が狭くなると紹介してもらえる生徒に限りがありますので、仕事の数は少なくなる可能性があります。もっと仕事がしたいと考えるのなら、自宅から離れた家の生徒の仕事を請けるようにすることです。

そのための効率的な方法は、都内なら自転車と電車を併用するのは当然ですが、さらに原付のバイクを持っていると移動範囲が広がって効率的に移動ができます。次に、交通費についてです。交通費はどこの会社でも発生すると考えておいてかまいません。

電車代なら実費での清算となります。また、原付バイクを利用するなら移動した距離と、それぞれの会社規程の料金が支払われることになります。ここまで、家庭教師の会社で働く場合の通勤時間と交通費について説明しましたが、次に個人契約をしている場合について説明していきます。

個人契約になると契約内容はバラバラになります。移動時間と交通費を別々に支払う契約をする場合もあれば、1度の指導に全ての料金を含んで契約することもあります。逆に、移動時間も交通費も出ないということもあります。

【まとめ】
移動時間に給料は発生せず交通費は発生する会社がほとんどですが、個人契約の場合はまちまちになります