家庭教師には細かい服装や身なりの制限はありません。しかし、親御さんが大切なお子さんを預ける相手として、安心できるような身なりを心がけて下さい。髪色が明るすぎるとダメとか、ピアスは何個までにして下さいといった細かい規定はありません。

ただあなたの身なりを見た親御さんが不安を感じたりすると、家庭教師として雇いたくないと言われてしまうかもしれません。例えば、あまりにも奇抜な髪色だと、たとえあなたの学力が高く、教える力が秀でていても、親御さんは先生と同じ髪型がしたいと子供が言い出さないか、同じピアスを開けたいと言わないかと不安になります。

学校の先生を思い出すといいかも知れません。あまりに身なりが奇抜な先生はいなかったと思います。家庭教師は勉強を教えるだけではなく、勉強中の時間、大切な子供と一緒に過ごす相手として適した人間かどうかもいうことも重要なのです。そういったことを頭に入れた上で、清潔感のある、親御さんが安心できるような身なりを考えてみましょう。

これぐらいならいいかな、これはダメかなと迷うときは相談してください。一緒に考えてアドバイスすることができます。どうしても身なりにこだわりがあるのなら、一度親御さんに聞いてみるのも手です。中にはそういった身なりは全く気にしない方もいるかもしれません。

ただ家庭教師という仕事を通して、一般的に清潔感のある身なり、安心感のある身なりというのを学ぶのは、これから社会生活を送っていくためにも良い機会になると思います。勉強を教えるのが好きな人、友達に勉強を教えてわかりやすいと言われたことがある人には、家庭教師はやりがいがあって、とても楽しいお仕事です。

実際に自分が教えたお子さんの成績があがると、とても感謝され、他の仕事では味わえない達成感を得られます。勉強ができればいいのではなく、どんな教え方がいいか、清潔感のある身なりを考えたり、お子さん、親御さんとのコミュニケーションを通して、あなた自身も成長していけます。